コンテンツへスキップ

「メタバリアS」はダイエットをサポートしてくれるサプリメントです。

ダイエットサプリメントの中には副作用があったという報告がある商品もありますがメタバリアSはどうなのでしょうか。

メタバリアSは副作用の報告はされていません。

食品なので基本的に副作用はありません。

しかし注意したいことはあります。

それは1日の摂取目安量を守る事です。

過剰摂取しても効果が倍増したり早くあらわれてくれるものではありませんので、1日の摂取目安量は守りましょう。

それから食物アレルギーがある場合には、配合されている成分に注意しなければいけません。

原材料表示を確認しましょう。

またダイエットを考えている妊婦さんや授乳中の方は、メタバリアSは飲まないようにしましょう。

メタバリアを飲むのであれば産後落ち着いてからにしてください。

副作用が無いとされているメタバリアSですが、お腹の調子を整えてくれる効果から、お腹がゆるくなったと感じたり、おならが出やすくなった、ガスが貯まるというような声も挙がっています。

これらは一時的なもので、メタバリアを飲み続けて腸内環境が整ってくると症状もおさまると言われています。

あまりにも長く症状が続いていたり症状に気になる点がある場合は飲むのを中止したり、お医者様に相談されてみてください。

メタバリアSは、サラシアという植物に含まれている.サラシノールを配合しています。

サラシアという植物は、インドなどの亜熱帯地域で見られる植物で古くから現地の人々の間で健康維持に役立てられていたとされています。

天然の成分なので安心して飲む事ができます。

しかしサラシアから有効成分を抽出すると、成分が不安定になってしまい期待できるような効果が得られないという事が分かっており、これを解決するために富士フィルムでは独自技術でサラシアからサラシノールを抽出して錠剤にしています。

この技術は特許を取得しているので、他のメーカーでは同じようなサプリメントを作ることは難しいです。

サラシアの持つ効果を安定化させてサプリメントに配合しています。

この他にもメタバリアSに配合されている他の成分との組み合わせについて特許を取得していて、この組み合わせも他社の製品では同じものがありません。

富士フィルムだからこそ完成したメタバリアSは、健康を気にされている人、ダイエットをしたい人におすすめのサプリメントです。

機能性表示食品というだけでなく、特許技術も採用されているサプリメントとなっているのでより効果が期待できそうですね。

メタバリアSに含まれている成分について調べてみました。

メタバリアSに含まれている成分からどのような効果が期待できるのか見ていきたいと思います。

・サラシア濃縮エキス・食物繊維
難消化性デキストリンと表示されています。水溶性の食物繊維でレタス3個分も含まれています。

食物繊維は、お腹の調子を整えてくれることや血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。脂肪分の吸収を抑えてくれる働きもあります。

・赤ワインポリフェノール
赤ワインに含まれているポリフェノールは老化予防に役立つと言われています。

それだけでなく脂肪の代謝を良くしたり、がん予防の効果も期待できるとされていますので、ダイエットや健康維持に役立つと言えます。

・カテキン
緑茶から抽出されています。

カテキンも抗酸化作用があることで有名な成分です。

脂肪燃焼効果を期待できます。さらにカテキンに含まれるビタミンCで美肌効果も期待できます。

・クロム酵母
クロムには糖尿病予防効果や高血圧予防効果、動脈硬化予防効果など生活習慣病対策として役立つ成分とされています。

そのためメタバリアSは生活習慣病予防に役立つことが分かります。

・ケルセチン配糖体
ケルセチンはポリフェノールの1種です。抗酸化作用だけでなく抗炎症作用や抗ガン作用、抗肥満があるとされています。

ケルセチン配糖体を配合しているサプリメントを飲むと体脂肪の減少に役立つという研究結果も出ていますのでメタバリアSに含まれるケルセチン配糖体によって体脂肪を減らすのを手助けできます。

様々な成分が働きかけ合って、健康的に痩せやすい体にしてくれるサプリメントです。