コンテンツへスキップ

メタバリアの種類について

富士フィルムから発売されているメタバリアにはメタバリアSやメタバリアプレミアムS、メタバリア葛の花イソフラボンなどのラインアップがあります。

今回はメタバリアSとメタバリアプレミアムSの違いについて調べてみました。

どちらを選ぼうか悩まれている人はぜひ参考にしてみてください。

まずはメタバリアSからです。

メタバリアSには天然成分から抽出された糖質コントロールのための「サラシア由来サラシノール」が配合されています。

サラシノール以外に含まれている成分は赤ワインポリフェノールや難消化性デキストリン、カテキンなどになります。

1日の摂取目安は8粒です。1回2粒から3粒を目安に飲むと良いでしょう。

メタバリアプレミアムSは、メタバリアSに含まれている成分はそのままに新たな成分を配合しています。

脂肪にもしっかりと働きかけてくれるように作られているのがメタバリアプレミアムSです。

脂肪の吸収を抑えてくれる働きがある「海藻ポリフェノール」を配合しています。

サラシノールで糖をコントロールし、海藻ポリフェノールで脂肪をコントロ―ルできるのでダイエットの総合サプリメントと言えます。

さらに脂肪の燃焼を手助けしてくれる成分も配合されています。「トウガラシエキス」や「ヒハツエキス」が代謝のアップに役立ちます。

冷え性の人もメタバリアプレミアムSを飲む事で、冷えにくい体にしていくことができます。

こちらも1日8粒が摂取目安量となっています。

成分が追加されているプレミアムSはお値段が高くなりますので、まずはメタバリアSを試してみて効果が感じられない場合にはプレミアムSを飲んでみても良いのではないでしょうか。